失敗して落ち込む人、落ち込まない人のメンタルの違いとは?

スクリーンショット 2018-02-20 12.40.55

 

 

さて今回は、失敗して落ち込む人、落ち込まない人の違いについて書いていきます。

 

失敗して落ち込まないようになる、回復ができるようになることは、メンタルトレーニングで伸ばしていくことができる力。

 

どうすれば失敗に落ち込まなくなるのか、強いメンタル、安定したメンタルを持つことができるのか、ということについて書いていきたいと思います。

 

他にも手があると思える力


shutterstock_385057642

 

 

まず大事なのは、

「他にも手がある」

と考えられる力。

 

失敗して必要以上に落ち込んでしまうとき、

「これしかない!と思っていたことでうまくいかなかった」という場合が多いもの。

 

「これしかない!」という発想が余計なストレスや落ち込むを生んでいることは多いんですよね。

 

でも「本当に、これしかないのか?」と考えると、

実はそんなことはないことが分かると思います。

 

よ〜〜く冷静になって考えてみると、

 

まだ一回目だった 初心者だった

よくやり方が分かってなかった

チャレンジしたことが割と難易度の高いことだった

練習が必要なことだった

 
別に自分が問題なのではなくて、相手の問題だった

タイミングのせいだった

別のやり方でやればうまくいくかもしれない

 

などなど、「これしかないわけじゃない証拠」が集まってくるもの。

 

他にも手はあるし、他にもやれることはあるし、他にもやり方というものはある。

 

1個がダメでも、他がある。

 

そういう風に常に「まだこれがある」と思えていることが大事。

 

「まだ〜〜がある」「まだ〜〜だ」という風に、失敗に強い人は「まだ」と考える力が強い。

 

「まだ」と考えることができるから、失敗しても続けることができるんだね。

 

例えば、

お笑い芸人のサンドイッチマンさんが著書「復活力」の中で解散の危機に陥ったときのことを書いていたんだけど、

解散の危機を救ったのは伊達さんはある一言だった。

 

当時、富澤さんが落ち込んでいて、「解散しようか?」と、ふと伊達さんに漏らしたことがあったそうで、伊達さんはその言葉に対して、

 

「まだ早いだろ」

 

と言ったそう。

 

これです。

 

まだ、解散するのは早いだろ。

この「まだ」という言葉がすごく大事。

 

まだやれることはあるだろう。

まだやってないことがあるだろう。

まだいけるだろう。

 

「まだ」という感覚を弱気になった富澤さんに伝えたところ、富澤さんも「そうだな」と答えて、解散の危機を乗り切ったそう。

 

その頃、富澤さんはメンタル的にもかなり弱っていて、もしも伊達さんが「そうだな」と言ったたとしたら。

 

そのままサンドイッチマンは解散となり、現在のように活躍する姿を見ることはできなかったかもしれない。

 

そう考えると、この「まだ」の力というのは相当に大事で、

「まだ」を支えているのは「他にも手がある」という考え方なんですよね。

 

「他にも手がある」「他のやり方がある」と考えられるから「まだだ」という発想が出てくる。

 

例えば、恋愛などで、振られたとしても「他に必ず自分に合った人がいる」と思うことができれば、落ち込むことは減る。

 

落ち込むことが減れば、チャンスがあったら飛び込めるし、挑戦できる。

 

でも、振られときに「もうダメだ」と思っていたら。

 

おしゃれをする気持ちを失い、色気を失い、チャンスは訪れないかもしれない。

 

たまたま寄ったカフェで偶然の出会いがないとは限らないもの。

 

だけど、自分に「その気」がないならそのチャンスをものにすることはできないし、

チャンスをチャンスだと認識することすらできなくなってしまうかもしれない。

 

 

「まだだ」と捉えられた人、「もうだめだ」と捉えた人。

 

 

もしかしたら訪れているチャンス自体は同じだけの量があるかもしれなくて、

でも、チャンスをチャンスだと気づくことができるのは「まだ」と捉えられた人だけなんです。

 

だから、「まだだ」と捉えられることはものすごく大事で、

 

失敗したときほど、「他に手がある」「他のやり方がある」と考えるようにしてみてください。

 

失敗は自分だけがするわけじゃない


shutterstock_417902155
 

 

次に大事なのは、失敗というのは誰でもするものだ、と考えられる力。

 

実は自分だけが特別失敗しているわけではなく、ほとんどの人がうまくいくまでに失敗を重ねている。

 

そのことに気づくこと。

 

「自分だけが特別ダメなんだ」「自分が悪いんだ」という発想を減らしていくことが重要で、

 

失敗で落ち込んでしまいやすいというのは、

「自分だけが特別ダメだ」という思考に入ってしまっているもの。

 

 

例えば、これから全く同じことをクラスのみんなでやっていくとして、みんなが失敗する場面などを見ていたら、自分が失敗したときどう感じるか。

 

「まあ、そういうもの」

 

 

と感じそうだよね。

 

自分だけが特別失敗しているわけではないと分かるので、自分を責めることもない。

 

「まあ、そういうもの」と感じられる。

 

基本的に、失敗したときは「じゃあ、次こうしてみよう」という改善策や解決策に目を向けることができて、それを実行できればいい。

 

それが実行できるなら、失敗に強い、失敗しても落ち込まずに行動ができてますよね。

 

結局、失敗に強いとは、「失敗しても次の手を打てる」ということ。

 

メンタルを次に向けられるということが大事なことで、

「まあ、そういうもの」と捉えることができれば、次に意識が向きやすくなります。

 

ストーリーに触れると失敗に強くなる


shutterstock_492010117
 

 

 

最後に、「まあそういうもの」と思えるようになる具体的な手段を伝えておきます。

一つ具体的な手段として大事なのは、本や映画などで他人のストーリーに触れること。

 

特に、失敗を重ねてうまくいった、どん底だったけどうまくいった、というストーリーに触れる。

 

他者の経験、他者のストーリーが自分のメンタル状態の向上に役立つということが分かっていて、

自分だけが失敗しているわけじゃないということを自覚しやすくするために、他者のストーリーに触れてみてください。

 

自分と境遇が似ている人などだと、さらに良いです。

 

実際、あなたもそうやってストーリーに触れることで励まされたり、頑張ろうと思えたことがあるかもしれません。

その感覚というのは本当に大事で、

ストーリーに触れることには実際に効果があるので、落ち込んだ時ほど前向きなストーリーに触れてみてください。

 

大事なのは、そうやって自分を励まし、前向きになり、「次の手」を打てること。

 

失敗に落ち込みにくい自分になっていくことで、

日々の心の状態は楽になり、願望実現の助けとなるはずです。

 

 

 
 
 

その他、メンタル状態を高めるトレーニング方法、仕事や恋愛、人間関係などあらゆる場面で役に立つメンタルに関する情報をメルマガにて無料で配信中。

 

「メンタルを強くする」トレーニング法や情報を無料で。池田潤オフィシャルメルマガを購読する。

 

 

LINE@でもメンタルに関する情報を随時発信しています。

友達追加後、無料メントレ動画「自分の状態を高める技術」が届きます。

友だち追加

 

 

noteもやっています。

noteでは「自信を鍛えるメントレ」発売中。本物の自信を手に入れたい方にオススメです。内容、好評をいただいています。詳細はこちらから。

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

 

YouTubeでもメントレ動画を配信しています。「簡単にできるセルフイメージの高め方」

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 2016年12月発売。発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』2015年12月発売。発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49