1分でも責めなくなったなら、上等じゃないか。

スクリーンショット 2016-07-05 9.52.21

 

例えば、受験生が「1週間で偏差値を10上げたいのですが!」と言い始めたらどうするか。

まあ、キツイ。

勉強で成績を上げていこうと思えば、どうしても練習が必要になる。

これはメンタルも同じようなことがあって、

やっぱり練習が大事になってくる。

本で色々なことを学んでも、やっぱりまだ自分のことを責めてしまうことがあると思う。

全然、それで構わない。

だって、練習中なんだから。

昨日より1分でも責めないようになったらならそれでいいわけだ。

でもなぜか、人は「全部が一気にガラっと変わってほしい」と願う。

プロセスを全部すっ飛ばしてしまいたいと思う。

一発逆転!を欲しがる。

それはまるで、偏差値30の子が1週間で偏差値60になりたい!と言うようなものだ。

しかし、実際にはそれはできない相談。

大事なのは、自分なりの一歩を淡々と進めていくこと。

そうやって一気に変わりたいと思ったのも、他人と自分を比べたからだろう。

でも、他人と比べるのは無意味。

受験生が隣の子と自分の成績を比べたところで自分の成績は上がるか?

上がらない。

凹んで、落ち込んで、焦る。

そうなれば、実際に勉強する手は止まり、余計に成績は上がらなくなるだろう。

周りに対して優越することが大事なのではなくて、

自分の目の前の現実がどうか?だけが大事なはず。

ただ、比べてしまう気持ちもわかる。

比べてしまった自分を責める必要はない。

比べることで凹んでいる自分に気付いたら、手放していけばいい。

「そういうの、いらね!」

それでいい。

例えば、ブログを書き始めても最初はアクセスなんて微々たるものだ。

それで当然。そこで落ち込む必要もなければ凹む必要もない。

メンタルについても、責めてもいいし、比べてもいいし、落ち込んでもいい。

ただ、少しでもそうじゃない状態でいられたらいい。

以前の自分よりも。

そこだけを大事にしてみよう。

すると、

案外自分が今の時点で結構成長してきていることに気づくはずだ。

 

メルマガも書いてます。良かったら。

作家・コーチ 池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

 

いけじゅんBARにもどうぞ。

いけじゅんBAR第4回「どうすればネガティブ状態から抜け出せるか?」

スクリーンショット 2016-07-05 9.52.21


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。