自分の機嫌を自分で取れると、仕事も恋愛もうまくいく。

shutterstock_305200859

 

 

受験勉強をする、自分でビジネスを立ち上げる、好きなことを仕事にする、恋愛をする。

その全てにおいて土台となる力は何かというと、

 

自分の機嫌を自分で取れる力

 

です。

 

その力があればうまくいく、うまくいかない時期すら楽しむこともできる。

 

男子の恋愛でも、うまくいかない人は「付き合う前から自分の状態がその子がどうこうによってあまりにも変化しすぎる」ことにあったり。

 

つまり、自分で自分の機嫌を取ることができない、ということ。

 

その結果、女性からすれば「うーん」と感じる行動を無意識にしてしまうわけです。

 

さらに、自分でビジネスをしようと思っても、最初は結果が出なかったりするし、一時的に出たとしても出ない時期を通ることもある。

 

つまり、結果が出ないと、出ていないと仕事を続けられない状態では、途中でやめたくなる。

 

機嫌が悪いのが「仕事のせい」になり、仕事のせいで機嫌が悪くなり状態が下がったわけなので、

仕事は嫌いになるし、やる気にはなれないし、もう一度やることに恐れを感じるようになる。

 

人は好きなこと、やりたいことでも、自分の機嫌や状態を保てないなら「やりたくない」という風に感じてしまうものなのです。

 

ということで、自分の機嫌を取れる力重要。

 

ただこれは、いつでも孤独に誰にも頼るなということではなく、

「今は頼った方がいい」というときには頼れるということでもある。

 

一見それは人に頼っているのだけど、自分の機嫌のために頼るという選択をすることができているという意味で「自分で自分の機嫌を保っている」と言えるわけです。

 

深いね。

笑。

 

そうやって自分の機嫌や状態を保てるようになると、

当然、周囲の評価は自然に上がってきます。

 

また、自分がやりたいことを淡々とこなすこともできるようになるし、

外部の出来事(状況)によって気分が左右されることも減っていく。

 

その結果、やりたいことができたり、願望を実現していくことができたり、

 

何より、日々機嫌よく生きることができる。

 

もしみんながそうやって自分の機嫌を取れる力がついてくれば、世界は変わっていくと、それくらいに思うんですよね。

 

 

 

 

さらに深い内容はメルマガにて。

池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

LINE@もやってます。LINE@限定コンテンツも配信中。

 

友だち追加

 

人が良くなっていくために本当に大切なことは何なのか?について考え続け生まれたメンタルトレーニングジムを運営しています。

メンタルジム「イケジム」

 

いけじゅんBAR、やってます(最近は閉店しっぱなし)

いけじゅんBAR「なぜ、大きな目標はあるのに行動できないのか?」

 

 

 

本も出版しています。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 2016年12月発売。発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』2015年12月発売。発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49

shutterstock_305200859