副業継続化実践マニュアル。継続できない…はこれで解決!

shutterstock_561817636

 

 

さて今回は、副業したいけど継続できない…問題について。

 

今や副業は当たり前のものになっていて、

今の時代かなり取り組む人が増えていると思います。

 

副業の種類も豊富で、給料が上がりにくい、

会社がどうなるか分からない日本社会の中で、

収入源を複数持つというのは現実的な対処として有効。

 

ただ、副業したいと思いつつもなかなか取り組めない、

結果が出るまで続けるのが難しいと感じる人も結構いるのではないかと。

 

ネット上ではうまくいった事例が盛んに取り上げられるけど、

その陰ではなんだかうまくいかないなあと感じている人もいるんじゃないかなと思います。

 

それって、しんどいことですよね。。

 

今日の記事はそんな人に向けて、

 

どうやって副業に取り組み続けることができるかについて、

メンタルトレーナー視点から書いていきます。

 

小手先の気分に左右されない力


 

 

まず、これは「継続」に関すること全てそうなのだけど、

 

小手先の気分に左右される

 

というのが実はかなり多く見られる現象。

 

小手先の気分って何かというと、

 

例えば、

 

雨が降っているから若干気分下がるわあ、みたいな。笑。

めざましテレビの占いが最下位だったとか。

LINEがあの人から返ってこなかった。

仕事でちょっと嫌なことがあった。

何なのあいつ!とか。

 

こういうものだね。

 

日常生活の中で感じる小さな気分の変化が、そのまま行動に影響してしまう。

 

そういう気分の変化が継続したい副業というものにも影響が出る。

 

これが、あまり言われないけど実は「続けられない人」の中で起こっていること。

 

そうすると習慣にもできないしリズムも生まれない。

 

毎日コツコツやる、ということができなくなるわけだね。

 

ただ、例えば雨が降っているとか占いの順位が低いとかで、

「自分の願望」が変わるか。

 

「自分のやりたいこと」が変わるか。

 

 

というと、どうだろう。

 

LINEの返信がないとか、ちょっと嫌なことがあった。

 

そういうことで自分の願望に何か影響があるかというと、そんなことはなさそう。

 

それらは変わらず自分の中にあるわけだよね。

 

だから、小手先の感情の変化ってそこまで重要なものではなくて、

 

あまり問題視したり大きく考えないことが大事。

 

一般的に「感情を大事に!」系の人が行動が難しいと感じる、

一人では継続が難しいケースが多いのは、

小手先の感情を大きなものとして捉えすぎるからなんだ。

 

 

もちろん感情は大事なんだけど、小手先のもの、

そのときのちょっとした気分というのは外的なものに影響を受けたりする。

 

それらは特に本質的なものではないから、大きく捉えなくていい。

 

もちろん、疲れが溜まっているとかそういう場合はしっかり感じて休むことは大事。

 

そういうのがどうでもいいと言っているわけではなくて、

 

一旦、自分が行動をやめようと思うに至ったその感情は、

本当に本質的なものなのか?

そこ考えてみることで見えてくるものはあるということ。

 

ルーティーン化のススメ


 

 

大事なのは、ルーティーンにしたり習慣化したりして、

「小さな気分の変化に左右されない」こと。

 

歯磨きとかって気分が上がろうが下がろうがするよね。

 

そういう風に、気分に左右されない度合いが上がってくると、

副業に取り組むのが楽になり、続けられるようになってくる。

 

ルーティーンになれば毎日淡々と取り組むことができるから、

行動量も作業量も上がる。

 

すると、副業で成果を出すのも時間の問題になってくる。

 

特に、副業を始めた最初の時期というのは結果がなかなか出ない。

 

結果が出ない中で取り組みを続ける際の助けになるのも、ルーティーン。

 

ルーティーンはあくまでも「それが習慣だからやっている」状態で、

結果が出る出ないに左右されない。

 

ルーティーンの強さというのは、

外的な要因に左右されずに行動ができることなんだ。

 

特に結果が出ない時期は、結果に一喜一憂して取り組みを続けられない、

ということがよく起こる。

 

自分なりにやったのに成果が一向に出ないとなると、気分が下がる。

 

気持ちはすごくよくわかる。

 

結果を期待しすぎることで、結果が出ない時期にヤル気を失い、

取り組みが安定しなくなってしまう。

 

取り組みが安定しないと余計に結果が出なくなるし、生活にリズムもなくなる。

 

結果、さらにヤル気が下がってしまう。

 

だからルーティーンにすることが大事なのだけど、

 

じゃあどうすればルーティーンにできるのか。

 

まずは小さく始めること。

 

小さく、本当に些細なことから始める。

 

そして、作業興奮的なヤル気アップを使っていく。

 

作業興奮というのは、取り組んでいる間にだんだんとヤル気が出てくるというもの。

 

この脳の性質をまじフル活用してく。

 

どれだけやりたいことだったとしても、

まだ脳にエンジンがかかっていないという状態だからやる気出ない、ってあり得るもの。

 

やりたいことだからいつでもヤル気満々!というのは実は幻想で。

 

例えば、筋トレの大会に出る人とかでも、

「今日はジムに行くのだりいな」と思ったりするわけだよね。

 

でも、そこでとりあえずジムに行って、とりあえずマシンを使っていると、

だんだんその気になってくるわけなんだ。

 

それと同じで、副業の作業も最初はヤル気になれないことは普通にある。

 

その最初の段階でやる気になれないときにどうするか。

 

そこが続けられるかどうかの重要な境目なんだね。

 

そこで「これは自分のやりたいことではない」と考えるか、

 

「とりあえずやっていればやる気も出てくるでしょう」

 

と考えるか。

 

ルーティーン的発想というのは後者で、

ルーティーンだからとりあえずやる。

 

すると、だんだん気持ちが乗ってくる。

 

こういうやる気の出し方を身につけられると、

副業も格段に続きやすくなってきます。

 

必要な行動量を知る


 

 

そして最後に、必要な行動量を知ること。

 

副業などのビジネス系というのは、やはり行動量が必要になるもの。

 

客観的にどのくらいの行動量が必要なのかを知ることってすごく大事で、

 

そこを知っているからこそ、そこまではやるぞ!という気持ちが出てくる。

 

それがやる気につながるわけだね。

 

意外に行動量が多いな…と感じたら、その分「やるべきこと」が明確になってくる。

 

逆に、必要な行動量が分かっていない状態だと、切実に

 

これをやっていく必要がある

 

と思えなかったりする。

 

結果、本気になれずにダラダラと時間を過ごすことになり、一向に前に進まないんだね。

 

必要な行動量が分かれば、切実さが増して、本気になりやすくなり、意欲も湧いてくる。

 

もちろん、そもそも副業するというのは、本業がありながらやることなわけなので、

根本的なエネルギー量は必要。

 

だから、睡眠や運動、栄養摂取などなどして、

根本的にエネルギーを高めていくこともぜひしましょう。

 

 

ということで、

 

小手先の気分に左右されず、
ルーティーン化し、
作業興奮を利用して、
必要な行動量を理解しつつ、
根本的なエネルギーを高めながら取り組む

 

ことを試してみてもらえればと思います。

 

 

メルマガでも「継続」や「メンタルを強くする方法」について配信しています。

 

池田潤メルマガを購読する。

 

 

LINE@でも限定のコンテンツを随時配信中です。

友だち追加

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeでもメントレ動画を配信しています。「簡単にできるセルフイメージの高め方」

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49