【断られるのが怖い】を解決する!傷つかない心を手に入れる具体策

shutterstock_697636801

 

今回は、「断られる恐れを解消する方法」について書いていきます。

 

断られるのって怖いですよね。

 

ただ、断られるのが怖い状態だと、なかなか行動できず、行動できないことによって後悔してしまうことも。

 

この記事では、【断られる恐れを解消する具体的な方法】について詳しく解説していきます。

 

【記事を書いている人→ 池田潤 コーチ・メンタルトレーナー。20代で6万5千部のベストセラー含む5冊の本を出版(自分の武器を見つける技術、無愛想のススメなど)。900名以上が参加した心を鍛え整えるジム「イケジム」を運営。コーチ・トレーナーとして心の状態&パフォーマンスを最大化するサービスを提供。京大法学部合格後、ブログを書き始め、今に至る。趣味は、筋トレやボドゲ、読書。毎朝起きてカフェに行くのが日課】

 

断られる恐れを手放す方法


shutterstock_311337890

 

断られるのが怖い理由の一つは、

断られると「自分を否定されたように感じる」からです。

 

自分を否定されるのは嫌ですし、自分には価値がないと感じることも嫌ですよね。

 

ただ、ここで重要なのは、自分が否定されたように「感じる」ということであって、

実際に否定されたわけではないということ。

 

断られるというのは、オファーに対して断っているだけであり、

 

自分のことを否定しているわけでも、自分のことを価値がないと言っているわけでもありません。

 

ここを改めて認識しておくことがすごく大切になります。

 

たとえ断られたとしても、そのオファーに関して今回はNoだっただけで、自分が否定されたわけではない。

 

このことをまず理性的に理解しておきます。

 

そして、ことあるごとに、その認識にアクセスしていきます。

 

何度もアクセスすることを繰り返してその認識が強化されてくると、だんだんと心は楽になってきます。

 

もちろん、最初の頃は「そうは言ってもやっぱり傷つくなあ」と感じると思います。

 

ただ、脳の神経回路は何度も活用してくるとどんどん強化されていくもので、

強化されればされるほど、「そう思えるようになっていく」のです。

 

「断られたとしても、自分の価値は変わらない」

「断られたとしても、自分が否定されたわけではない」

「断られたとしても、自分の価値とは関係がない」

 

ということを脳にインプットしていくこと。

 

そのトレーニングを少しずつ実践していくことで、本当にそう思えるようになってきて、断られることに対する恐れが減っていきます。

 

長期的視点を持つと、断られることが怖くなくなる


shutterstock_1415524886

 

次に、長期的な視点を持つこと、について。

 

別の言い方をすれば、「確率という視点で見る」と言い換えることもできます。

 

例えば、営業の仕事を考えてみましょう。

 

直接お宅を訪問したり、電話での営業をイメージしてください。

 

その場合、ほとんどのケースで断られることになるかと思います。

 

というのも、営業する商品を全く相手が必要としていないケースも多いからです。

 

相手が全く商品を必要としていない場合、当然、買ってもらうことはできませんから、

商品を必要としている人を探すことになります。

 

そうなってくるともはや確率論で、とにかく訪問件数を増やしたり、電話をかける回数を増やしていくことが大切になります。

 

もし相手が商品を必要としていなくても、それはあなたのせいではありません。

 

相手が必要としていなかったという、ただそれだけのことです。

 

そして、もし成約したい、売り上げを上げたいなら、シンプルに行動の回数を増やせばいいということになり、

 

例えば、成約の確率が5パーセントなら、100人に営業すれば5人に買ってもらえるということになります。

 

100人に営業している最中、95人には断られますが、

それは5%の成約率であれば「そういうもの」であり、当然起こること、という感覚になります。

 

「当然起こること」という感覚になるとき、傷ついていませんよね。

 

つまり、確率で考えると、人は「まあ当然だ」と感じやすくなり、

自分の価値と関連づけて傷つくことが減るのです。

 

例えば、どんなオファーであったとしても、100%必ずOKをもらえるか?と改めて考えてみると、

「100%は難しいかな」と感じると思います。

 

そうやって冷静になると、例えば自分が何らかのオファーを出したときに断られたとしても、

 

「まあ100%ということはないしな」

 

と感じることができて、個人的に受け止めることがなくなり、心が楽になります。

 

断れるのが怖かったり、実際に断られて傷ついたときは、

 

確率で考える、長期的な視点で考える

 

ことを試してみてほしいと思います。

 

一般化しないことで、断られる恐怖は減らせる


shutterstock_491758450

 

先ほどの話とも関連するのですが、

断られたとき、うまくいかなかったときは、

 

「自分だけが特別うまくいっていないのでは」

 

と感じやすくなります。

 

その認識が心の状態を下げてしまうのですが、実際のところ、自分だけが特別ダメだ、悪いということはありません。

 

みんなうまくいかないこともあるし、失敗することもあるし、当然、断られることもあるのです。

 

そのことをあえて見せないだけで、誰もがそういう経験をしています。

 

視野を広げてそのことを認識するだけで心が楽になり、断られることの恐怖も減っていきます。

 

たとえ断られたとしても、

 

「まあそういうこともあるだろう」

「まあそんなもんだよね」

 

と思えるからです。

 

 

「まあそういうこともあるだろう」

 

という捉え方できれば心は楽になるもの。

 

ただ、目の前に断られたという現実が来ると、

一気に僕らは視野が狭くなってしまいます。

 

視野が狭くなることで、1度の出来事を大きなものとして捉えてしまったり、一般化してしまうのです。

 

1度の出来事を一般化して「自分はダメなんだ」「自分には価値がないのだ」と捉えてしまう。

 

それが状態の低下や、断られることへの恐怖につながってしまうのです。

 

そうではなく、

「まあそういうこともあるだろう」

という風に、先ほど紹介した長期的視点や確率視点も活用しながら捉えてもらうと、心は楽になっていきます。

 

行動できた自分を認めると、断られる恐怖は減る


shutterstock_639528256

 

次に、行動できた自分を自分で認める、ことについて。

 

断られるということは、自ら主体的に行動したということ。

 

OKかNOか分からない状況の中で、勇気を持って一歩を踏み出したということです。

 

そのこと自体が素晴らしいですし、その行動を続けていけば、必ず良い結果が出てきます。

 

大事なのは、分の勇気をくじくことなく、むしろ自分を勇気づけること。

 

勇気づけるとは、結果だけで全てを判断するのではなく、

行動することができた自分のことを自分で認めていくということです。

 

「よくやったぞ、自分」

「勇気を持てた自分は素晴らしい」

 

という風に、自分に対して肯定的に認識していく。

 

そうすれば、次回の行動も起こしやすくなります。

 

行動を起こしていけば、結果も出てきます。

 

大事なのは、うまくいかないときでも自分のことを勇気づけ、行動できる心の状態を作ること。

 

行動を続ける中で成功体験を積めば、さらに断られることが怖くなくなっていきます。

 

「今回はうまくいかなくても、未来必ずうまくいく」

 

という風に、成功体験を積めば積むほど感じられるようになるのです。

 

こうなれば、断られることへの恐怖は相当減っていて、

自由に自分がしたいことができたり、楽にオファーを出すことができ、

行動数が増えるのでOKをもらえることも増え、人生がどんどん楽しくなっていきます。

 

コントロールできないことを手放すと、断られる恐怖は減る


shutterstock_768470422

 

コントロールできなことを手放す、ことも断れる恐怖を減らすのに有効です。

 

断るかどうかを決めるのは相手の選択であり、コントロールできることではありません。

 

自分にコントロールできるのは自、自分の行動や在り方であり、それ以外をコントロールすることはできません。

 

自分の課題と相手の課題を分離し、

 

「これは自分にはコントロールできないことだから、考えても仕方ない」

 

と捉えること。

 

考えても仕方ないことを考えないでいられること。

 

それだけでも心の状態の低下を防ぐことができますし、

 

「相手の課題だ」と捉えるだけで、自分の価値と関連づけて考えなくなっていくので、断られる恐怖を減らすことができるようになります。

 

自分の価値を認識すると、断られる恐怖は減る


shutterstock_749512507

 

最後に、自分の価値を自分で認識すること。

 

それができると、断られることの恐怖を減らすことができます。

 

常に相手があなたの価値やあなたのオファーの素晴らしさを正確に認識できるかというと、

そんなことはありません。

 

相手がうまく価値を認識できないこともあって、それは【相手の課題】なのです。

 

うまく伝わらなかっただけであったり、正確に理解が難しかったり、中には誤解が生まれることだってあり得ます。

 

その場合、たとえ断られても、あなたが傷つく必要はないのです。

 

ただ、相手に良さが伝わらなかっただけであり、

あなたに価値がないわけでも、あなたのオファーがダメであるわけでもない。

 

そうやって「自分で自分で価値を認識し続ける」こと。

 

それができるだけで、断られることの恐怖を減らすことができ、行動しやすくなっていくはずです。

 

 

こちらの記事にも詳しいメンタルを強化する方法について記載しています。

 

メンタルを強くする方法7選【最強の心の手に入れ方】

 

 

池田潤のパーソナルトレーニングを体験してみたい方は、下記から体験できます。

 

体験トレーニング受講はこちらから

 

 

これまで1万人以上が購読してくれたメルマガの方で、より詳しいトレーニング内容について発信しています。無料なので、興味ある方はぜひ読んでみてください。いつでも解除できます。

池田潤の無料メルマガを購読する。

スクリーンショット 2021-09-18 8.15.20

 

 

LINE@でも最新情報、LINE限定コンテンツを随時配信中です。

友だち追加

 

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeもやっています。

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49