職場のストレスを解消する万能スキルまとめ。

shutterstock_572801542

 

 

さて今日は、職場でのストレスを減らす方法について書いていこう。

職場というのは人生を相当な時間を過ごす場所。

 

そこでのストレス度合いって、ダイレクトに人生の充実に影響してくるよね。

 

職場で快適に過ごせればそれだけでクオリティオブライフが上がるってなことなので、その方法について一緒に見ていこう。

 

【受容】することでストレスは減らせる


shutterstock_374588923

 

 

職場におけるストレスは、大きく2つに分けられる。

 

1つが、結果。

 

つまり、ノルマをこなせるかとか、数字を出せるかとか、そういうところ。

結果を出せるか不安でお腹がキリキリするとか、不安でメンタルがボンバーとか、そういうことってあり得る。

 

もう1つの原因が「人間関係」。

 

職場におけるストレスの主因は、

 

・結果
・人間関係

 

この2つになる。

結果のプレッシャーか、人間関係のストレスか。

どっちも大きなストレスになり得る要因になってくる。

 

ここではまず「人間関係」を見ていくんだけど、基本的に、世の中に完璧な人っていない。

このブログを書いているイケジュンも全然完璧ではないし、足りない部分もたくさんある。

 

会社で一緒にいる人たちもそうで、中には「ま、まじか…( ´Д`)」と感じる人もいるかもしれない。笑

 

そういう場合に、まず大前提になってくるのが「世の中には完璧な人はいない」ということ。

 
自分や他人に対して完璧を無意識に求めていると、実はそれがストレスの要因になってくるんだ。
 

 

というのも、完璧を求めると「できていない部分がめっちゃ気になる」状態になってしまうから。

 

完璧をイメージしているのに相手がそうでないと、その「そうでない部分」に対するフォーカスが強くなる。

 

相手の悪い部分、できていない部分、未熟な部分がすごく目に入ってしまうんだね。

 

結果、相手を責めたり、否定的に見る心の状態になる。そうなると、相手はそれを敏感に感じて、嫌な気分になる。

 

嫌な気分になると、あなたをことをちょっと嫌いになる。

そのちょっとの嫌いが物の見方を変えて、負のメンタルスパイラルが始まって、どんどん関係性がネガティブになってしまうんだね。

 
完璧を求める→できていない部分にフォーカスがいく→相手のことがちょっと嫌になる→相手にその思いが伝わる→関係性が悪化する→ストレス発生!!
 

ということになっているわけなんだ。

 

ストレス発生の大元を辿っていけば「完璧であることを求める」という自分のスタンスがあることがわかる。

 

だから、そのスタンスに気づいて修正を加えれば、のちに発生するストレスは発生しないことになるね。

 

なので、世の中に完璧な人はいないし、誰もができないことや未熟な部分がある、それは自分も同じだ、と完璧でないことを受け入れるメンタルを持ってみること。

 

そうすると、他者に対して【受容】の気持ちが芽生えやすくなる。

 

「しゃーないよな」と思えて、できていない部分、ダメな部分に対するフォーカスやジャッジを弱めることができるんだ。

 

そうすると、その人に対するネガティブな感情が減り、その良い状態がその人に伝わる。結果、その人との関係が改善する。

 

人間関係が改善されたわけなので、ストレスが減る、ということになるんだね。

 

会社で一緒に過ごす時間が増えれば、周りの人の良くないと感じる部分もたくさん見えてくるはず。

誰もが完璧ではないし、個性があり、その人のペースがあり、過去から積み上げてきた習慣がある。

だから、自分が見たときに「良くない」と感じる部分ともたくさん出会うと思う。

 

そのときに、完璧という場所から相手を裁くのではなく、まずは受容の気持ちを持つ。

しゃーないよね、と。これは諦めではなく、受容。

 

受容することで相手に対するジャッジが弱まり、相手の良い部分、素晴らしい部分、そもそも素晴らしい存在であるといことが見えるようになってくる。

 

その心の状態になるだけでストレスは減るし、実際に人間関係も良くなることでさらにストレスは減るはずです。

 

【一般化しない】ことでストレスを減らす


shutterstock_445337599

 

 

次に、「結果」についてのストレスを減らしていこう。

 

仕事の中身においてストレスになってくるのは、失敗やミス、うまくいかない、ということなんじゃないかと思う。

 

失敗やミスで落ち込んでしまう、自信を失い、その心の状態がストレスなってくることがある。

 

その場合、メンタル的に何が起こっているかというと、

 
無意識のうちにミスを一般化してしまっている
 

ことが多いんだ。

 

例えば、1つのミスをしたときに「自分はダメだ」と考える。

これはすでに【一般化】になっている。

たった1つの具体的なミスを「自分はダメ」という大きな枠組みで捉えすぎているんだね。

 

1人の人と相性が合わなくて、嫌われてしまったとしよう。

そのとき、「私は全人類に嫌われる存在なんだ」と考える人がいたら、ちょいちょい、と思うよね。

 

これは極端な例だけど、要はそういうこと。

1人の人に嫌われたというのはあくまでも「その1人限定の話」であって、みんながそうであるとか、ましてや全人類が、なんてことはない。

 

そこまで行かなくても、例えば、社内で1人うまくいかない関係性の人がいたとしても、ほかの人とはうまくいっている。

他の人とはうまくいっているのに「自分は人間関係を作るのがうまくない」と考えたとしたら、それはちょっと待って、だよね。

 

その1人以外とうまくいっているのであれば、逆に「人間関係構築のプロ」と呼んでもいいくらい。

一般化というのはそうやって、たった1つ、たった1人の存在だけで、自分のメンタル状態を下げ、ストレスの原因を生み出すんだね。

 

逆に、メンタル状態を整えるためには、

 
個別化
 

 

を行えばOK。

 

一般化とは逆で、たとえばミスに関しては、

 

今回はミスをしてしまった(普段はできている)

今日はうまくいかなかった(今日は特別で、普段はできている)

 

といったように、ミスを一般化するのではなく、個別化していく習慣を持とう。

 

人間関係でも同じ。

 

この人とはうまくいっていないかもだけど、他の人とはうまくやれている

という風に、事実を冷静に見ていこう。

 

一般化ではなく、個別化

 

そう意識するだけでストレスを減らすことができます。

 

仕事以外の楽しみを持つ


shutterstock_297878216

 

 

次に、仕事以外の楽しみ、について。

仕事以外に人生の中で楽しみを持つのはすごく有効になる。

 

なぜかというと、仕事以外に何か楽しみがないと、休日も仕事のことを考えることになるよね。

だけど、休日だからできることもあまりなかったりする。

 

あまり今できることもないんだけど、ただ、他にすることもないから考えてしまう。

結果、ネガティブな考えもその中に含まれてしまって、休日もあまり心が休まらなかったりするんだ。

 

思考が仕事のことでいっぱいになるがゆえに、そこにネガティブな考えも含まれてしまって、良いアイデアも生まれなかったりする。

 

逆に、休日には外に出かけたり、仕事とは関係のないことで楽しんでいると、そもそもその時間がストレス発散になるし、

 

脳は無意識レベルで「どうすればいいか?」と解決策を考えているから、

ふとしたときに「あ、こういうのはどうかな」というアイデアが浮かんだりする。

 

古今東西、良いアイデアが浮かぶのは深刻になっているときより、ふとした瞬間、リラックスしているときだったりするもの。

 

休日、することがなくて深刻に考え込むよりも、楽しんでリラックスをして、良い状態でいることで良いアイデアも浮かぶ。

 

しかも、休日は仕事以外のことをしているから、仕事を始めるときに新鮮な気持ちで取り組むことができる。

 

メリハリがつくことで長期的にモチベーションを維持することもできる。

 

なので、長期的な視点から見ても、仕事以外の楽しみを持つことってすごく有効。

遠慮なく、意味のないこと、何の生産性もないこと、何の役にも立たないこと、ただ好きで、ただ楽しくて、というものを大事にしてみよう^^

 

コントロールできることに集中する


shutterstock_1025410078

 

 

仕事をしていると、自分にはコントロールができないことに多々出くわすよね。

例えば、自分の上司がどんな人かとかマジでコントロールができない。

どんな人が部下になるか、どんなお客様が来るか。

 

コントロールできないことが多い中で、どうやって状態を保てばいいのか。

 

それは、自分にコントロールできることとできないことを自分の中で整理すること。

 

この動画で詳しく話したのだけど、

 

:【世界一のメンタル】パートナーを世界1位に導いた男の心の整え方とは?

 

大坂なおみ選手が世界ランキング1位に輝いた当時コーチを務めていたサーシャ・バインコーチは著書の中で、

 
メンタルを強くするには、自分にはコントロールできないことが存在することを認めることが大事だと書いている。
 

テニスにおいてコントロールできないこととは例えば、相手の好不調。

相手が絶好調か絶不調かはこちらではコントロールできないよね。

 

だから、相手がたまたま絶好調で素晴らしいショットを打ってきたとしても、それでも自分の素晴らしさや巧さ、練習してきたことは変わらない。

 

だから、相手どうであろうと、コントロールできないことのことは考えずに、ただ自分ができることをやればいい、とサーシャコーチは言うんだね。

 

それが「メンタルの強さ」ということなんだ。

 

サーシャ・バインコーチの言うことを受け、大坂なおみ選手は見事心を整えて力を発揮し、世界ランキング1位に輝いた。

 

仕事においてもコントロールできないことってたくさんある。

特に人間関係では本当に多い。

 

相手がどう思うか、相手の今日の機嫌はどうか。そういうのは、分からないよね。

 

 

もしかしたら上司の子供が風邪を引いてしまって、看病のために寝不足になってしまいそれが原因で機嫌が悪いかもしれない。

 

いや、そんなん知らんし( ̄▽ ̄)ってなる。笑

それで怒られるとか小言言われても、そんなもん知らんがなやし。と。

 

だから、そういうのは「ああ、これは自分にはコントロール不能だし、自分のせいでもないから気にする必要なし」と判断していけばいい。

 

できないこと、どうしようもないことは気にしない。ただそれだけでもかなりストレスは減るはず。

 

さらに「自分にできること」をやっていれば、それ以上できることはないし、今自分にできることはやっているから自分の中で納得感を感じることができる。

 

私はやれることはやっている

 

という納得感が自分の中で生まれるんだね。

 

その感覚を感じているときってストレスは感じなくて、充実感とか自信を感じることができるんだ。

 

なので、自分にコントロールできることとできないことを分けて、自分にできることに集中してみよう!

 

 

 

その他、メンタルを強くするトレーニング方法、仕事や恋愛、人間関係などあらゆる場面で役に立つメンタルに関する情報をメルマガにて配信中です。

 

メンタルを鍛えるトレーニング法や情報を無料で。池田潤オフィシャルメルマガを購読する。

 

 

LINE@でもメンタルに関する情報を随時発信しています。

友だち追加

 

YouTubeもやっています。

:【世界一のメンタル】パートナーを世界1位に導いた男の心の整え方とは?

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49