「わりい、今日は大事な用があるから!」と言って、ブログを書いていました

スクリーンショット 2016-07-13 17.41.31

 

自分の力を発揮するためには、「普通」というしがらみから抜け出す必要がある。

例えば、私の場合、京大時代からブログを書いていた。

みんなが飲み会をしているときにも、ブログを書いていた。

「池田、飲みに行く?」

と言われても、

「いや、今日は大事な用があるから。わり!」

と言って、家に帰って、

ブログを書いていました。笑

本当に、付き合いの悪い男だったなあ。

ただ、全く後悔していなかったりする。

個人的には、付き合いが悪いのではなくて、自分の気持ちに正直だったのだと思っている。

友達と遊ぶよりもブログを書くことにロマンを感じてた。

あの頃は、「池田はダメだな」と言われていたし、「付き合い悪すぎ」と責められたこともある。

まだ愛想笑いばかりをしていた頃だったから、

何度か断りきれず、モヤモヤイライラしながら退屈な時間を過ごしていたこともある。

でも、正直に自分の心が書くことに大きな可能性を感じていたし、実際に今それが仕事になっている。

それだけでなく、今、信頼する方と共に本を作ることができている。

これ以上のロマン、ある?

ふーむ。今のところ、俺にはそれ以上のロマンは思いつかんぞ。

もちろん、本が売れるかどうかなどやってみなければ分からない。

でも、一緒にチャレンジができる。

それだけで人生捨てたもんじゃないし、今まで生きてきてよかったとそう思えるくらいの、それくらい大きなことじゃないか。

それができたのも、あの頃から自分の心の正直に生きてきて、愚直に続けてきたからなのかも。

普通や他人に合わせる必要はなくて、

普通や、常識や、どう思われるかには、無愛想を貫けばいい。

知ったこっちゃいない!

大事なことは、自分のハートに従うこと。

それは、「周りの声や意見に無愛想になる」ということだ。

私が新刊に込めたのは、

もっと自分のハートの声を聞いていいんだぞ!!!!

ということ。

自分のハートの声を聞く、自分に正直になるとは、

自分以外の声に無愛想になる

ということだから。

周りのことを気にして、私たちはいつも自分を置き去りにしてきた。

もう、そんなことはしなくていい。

一人一人が自分のハートの声に耳を傾けられるよう、今回、無愛想についての本を書いた。

今、本のカバーの製作にも着手しているようで、どんどん本が出来上がりに近づいているので、

楽しみにしておいてもらえれば!

 

より深い内容はメルマガに書いています。興味のある方はこちらからどうぞ。

作家・コーチ 池田潤オフィシャルメルマガ登録はこちらから。

 

オンライン人生相談BAR「いけじゅんBAR」もやってます。

いけじゅんBAR第4回「どうすればネガティブ状態から抜け出せるか?」

 

スクリーンショット 2016-07-13 17.41.31


2件のコメント

  1. 潤さんのブログを読むと心がホントにスッキリします。
    安心出来ます。心無い人から何を言われようが
    今のままで良いんだ。(^O^☆♪
    と思えます。

    • コメントありがとうございます。それはよかったです!もちろん、何を言われてたって自分は自分なんで、揺らぐ必要もないですよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。