ダラダラしない方法【やる気出ず1日終わるの防ぎ方】

shutterstock_754057822

 

 

さて今回は、休日や家にいる時間の中でダラダラしない方法について書いていきます。

 

まず最初に書いておきたいのが、ダラダラすることは悪いことではない、ということ。

 

ダラダラする時間って非常に重要な時間で、特に平日頑張っている場合というのは、

なかなか睡眠も十分に取れずに疲れている場合もあるもの。

 

そういう状態でのダラダラというのは心身にとっても大切なことなので、

一概にダラダラが悪いとか、そんなのダメだ、なんてことは全くありません。

 

むしろダラダラを推奨してもいいくらい疲れている方もいるので、

その場合は自分をダラダラさせてあげることを許してあげましょう。

 

スマホに触るなども極力やめて、本当にダラ〜っとするとしっかり休めて活力が湧いてきます。

 

 

ここからは疲れが十分に取れていて、ダラダラする必要が薄くなっている状態だという前提を置いた上で書いていきます。

 

ダラダラする必要のない状態だったとしても、人は休日だったり家にいる時間の中でダラダラしてしまいがち。

 

このダラダラは必要でもなく、自分が望んでいるわけでもないので、解消していくべきダラダラということになります。

 

こういったダラダラはどうやって防いでいけばいいのか?

 

自分の姿勢一つでダラダラしなくなる


shutterstock_387275422

 

まず簡単にできることから紹介していくと、自分の姿勢に気をつけること。

 

これは意外にものすごく重要なことで、姿勢が気分を決める、ところがある。

 

こちらの動画でも詳しく話しています。

 

例えば、安らぎソファの上でダラ〜とした姿勢で寝そべりながら「めっちゃやる気満々になってきた!」ということは、ない。笑

 

ダラ〜とした姿勢でいたら、気分もそれに連動して、ダラ〜としてくるわけです。

 

実際どうだろう。

 

一度、休日や家にいる時間を振り返ってみてもらったときに、自分の姿勢はどうなっているかな。

 

デスクに座ったり、固めのしっかりした、座っているだけで姿勢が整うような椅子にちゃんと座っているかどうか。

 

座椅子やソファといったものに姿勢悪く座っている場合というのは、

それだけでやる気が出ないモードに自分を持っていっているということになる。

 

起き上がるのも大変だもんね。笑

 

起き上がるのに意志の力とモチベーションが必要。

 

よっこいしょ!と起きることに結構なエネルギーを消費しているみたいな。

 

そういう感じで、座る姿勢が悪いとやる気になったり意欲的になるのが難しかったり、

モードを切り替えるのが大変になってしまう。

 

そのままダラダラする方が楽だから、どうしても気持ちが切り替えられないままに。

 

結果、1日何もできずに終わってしまった、という状況になるんだね。

 

だから、姿勢に気を付けるって一見何でもないこと、とるに足らないことに思えるんだけど、そんなことはない。

 

なんか、深さもないし、深淵でもないし、摩訶不思議なことでもないし、神秘的でもない。

 

座る椅子を変える、姿勢を変える。ただそれだけのこと。

 

死ぬほど神秘とはほど遠い。笑。

 

ただ、座る椅子を変えると、そもそもダラダラモードに入りにくい状態になり、やる気になりやすい。

 

気持ちがシャキッとしている。そもそも。

 

だから、自分が進めたいことを進めやすい。

 

ソファに座っているときに比べてスイッチが入りやすくなっている。

 

とりあえず進めたいことに手を出しやすい。

 

ほんの少しでも手を出すと、脳にスイッチが入り、やる気が後からついてくる。

 

1日をそういう感じでスタートすることができれば、

 

今度はそのモードを継続する方が変化が少なくて楽だから、逆にダラダラできなくなっていったり。

 

そういう変化の中でどんどん自分のやりたいことを進めることができて、人生が変わっていく。

 

こういうことはリアルにあり得るわけだよね。

 

全く神秘的でも何でもない「自分の姿勢に気をつける」ことを実践することで、

むしろそういう地味なことを大切にすることでこそ、

人生が変わることも大いにあり得るということなんだ。

 

作業興奮的やる気を活用する


shutterstock_408138682
 

 

休日や家にいる時間の中で非常に大切なのは、

 

作業興奮的やる気

 

をフル活用すること。

 

作業興奮的やる気とは、作業を始めるとだんだんとやる気が湧いてくる、というもの。

 

例えば、最初はそこまで乗り気じゃなかったけど、掃除をし始めたらなんだか気持ちが乗ってきてあちこち掃除することになったり、

その時間が楽しくなったりしたことはないかな。

 

掃除自体が楽しくなってくるという。

 

でも、そもそもはやる気が特にあったわけじゃなかった。

 

とりあえず始めてみたらなんだか気持ちが乗ってきた。

 

そういう順番。

 

脳にはそういうところがあって、スイッチが入って乗ってきたらだんだんとやる気になってくるわけだね。

 

家の中にいると、脳のスイッチが入りにくい。

 

例えば、会社とかだと、その場に行くと会社の人がいて、デスクがあって、という状況がスイッチになる。

 

そこでスイッチが入り、脳のモードが切り替わり、やる気になるわけだよね。

 

でも、家には環境的なスイッチの切り替えのきっかけになるようなものがなかったりする。

(書斎や仕事部屋があればスイッチになり得るということでもある)

 

環境によるスイッチに頼りにくい自宅では、実際にほんの少しでも作業を開始して、

 

主体的にスイッチを入れる必要がある、ということなんだね。

 

だからこそ、座る椅子を意識することで、ほんの少しでも作業に取り掛かれる状態に自分を持っていくことが大切なんだ。

 

脱完璧主義でダラダラしなくなる


shutterstock_1179348226

 

 

そういう意味で、完璧主義から抜け出していくことも一つ大切なこと。

 

完璧にしなければ!と思うと、最初の一歩が踏み出しにくくなる。

 

完璧というものが気持ちを重たくして、エネルギーがすごくいるなあ、何だか大変だなあ、と思わせる。

 

結果、なかなか一歩を踏み出すことができなくなるわけだね。

 

一歩を踏み出すことができなければ、作業興奮的やる気を使えない、ということにもなる。

 

すると、1日ダラダラしてしまって何もできずに終わる、、というルートに乗ってしまうことになる。

 

なので、特に家にいる場合、休日は、完璧を目指すよりも、

 

とりあえずの一歩を踏み出すことを大切にすると良いです。

 

楽しむことで充実した1日を過ごせる


shutterstock_1023017290

 

 

最後に、休日に自分が何かを進めること、それを楽しむことの大切さについて。

 

基本的に、人は楽しければ続けることができるし、楽しければ取り掛かることもできるもの。

 

どうしても「頑張らなくちゃ」という気持ちになりがちな「勉強」「仕事」なども、

 

楽しむ意識を持つだけで楽しくすることができたり、充実した時間にすることもできます。

 

特に人間には「集中している状態(フロー)が楽しい」という性質があるので、

 

集中する状態さえ作れてしまえば、楽しいと感じられるもの。

 

集中する状態が楽しい!と感じることができれば、勉強や仕事に取り組むハードルも下がります。

 

じゃあどうすれば集中状態、フローの状態に入れるかというと、

ハードル設定がすごく重要。

 

ハードルを高すぎず低すぎずに適切なものに設定することで人はフロー状態に入れるということが分かっているので、

 

勉強にしても仕事にしても、取り掛かりたい全てのことにおいて、

 

自分が「やってみたい」とやる気になれるようなレベルを設定してみることがおすすめです。

 

 

 

より深い内容はメルマガにて配信しています。

 

池田潤の無料メルマガを購読する。

 

 

LINE@でも最新情報、LINE限定コンテンツを随時配信中です。

友だち追加

 

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeもやっています。

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49