人間関係によるメンタル弱体化を阻止するガチな方法。

shutterstock_566707600

 

 

今日は「認知的柔軟性」というやつについて書いていきましょう。

 

これは神経科学の中で言われている「状態を整えるやつ」です。

 

例えば、他人に「こうしてほしい」と思って、それをやってもらえなかったとします。

 

このとき、選択肢としては、相手にお願いをしたり話し合って、

してほしいことをしてもらうという選択肢がありますよね。

 

夫婦間、パートナーということあれば、それも大事なことです。

 

なかなか言いたいことを言えない、心をオープンにできない、

 

ということが個人的な課題になっている場合は、

 

言いたいことを言うことに少しずつ取り組んでいくのが良いでしょう。

 

ただ、例えば、会社内のことであったり、ビジネスのつながり、

普段の人間関係などで毎回話し合えるわけではないですよね。

 

話し合うという手段は、かなり近い関係性の人に対して行うものという側面があるわけです。

 

もちろん、そういう近い関係性の人との間に課題があったり、

深めたいものがある場合は良いのですが、

 

会社、仕事、通常の人間関係では、現実的に、毎回話し合えるわけではなかったりします。

 

ということは、話し合うという解決策しかない場合、結構困る。

 

そこで出てくるのが「認知的柔軟性」です。

 

どういうものか、さっきの例をもとに書きます。

 

他人に「こうしてほしい」と思った。だけど、相手がそれをしてくれなかった。

 

結果、感情が下がった。

 

このとき、そのネガティブな感情を生んだ根本的な思いは何か?

 

「相手がそれをしてくれなかったこと!」

 

という答えが思い浮かぶかと思うのですが、実は違います。

 

「相手にこうしてほしいと期待したこと」

 

 

です。

 

もし、その思いがなければ、感情の低下はそもそもありません。

 

期待があって、その期待が満たされないから感情が下がるのであって、

 

期待がなければ感情の低下はないわけです。

 

ということは逆に言えば、

 

他人に対する期待が大きい人ほど感情が低下しやすい

 

ということになります。

 

よく言われるあげまんさげまんで言えば、

 

さげまんと呼ばれる人は他人に対する期待が非常に高く多いです。

 

期待が高く多いので、逆に期待が満たされないことも多く、結果、状態が下がりやすい。

 

それがさげまんと呼ばれる根本的な所以だったりするわけです。

 

感情が低下すると、今度はネガティブな振る舞い(拗ねる、喋らない、など)をすることによって相手をコントロールしようとします。

 

その振る舞いのことを【消極的コントロール】と呼びます。

 

そう書くと、

 

「じゃあ、他人に対して一切期待するな、ということですか?」

 

という話になると思うのですが、それは現実的に難しいでしょう。

 

人間であれば期待はするし、パートナーなどの協力関係にある場合、

 

実際にしてもらわないと困ること、物理的に大変なこともあります。

 

人生において共同作業というものはあるわけで、

 

期待し期待されということは生きていれば出てくる。

 

なので、他人に一切期待しない、というのは理屈としては分かるし有効性もあるけど、現実的に難しい。

 

重要なことは「柔軟であること」です。

 

つまり、自分の感情の低下の根本原因に気づき、

期待値を柔軟に変化させる力を持つ、ということ。

 

期待と現実のギャップによって自分の感情の低下が起きている場合、

 

根本の感情低下要因は、自分の期待にあると気づくこと。

 

気づき、その期待を自分の中で下げることによって、感情を落ち着かせることができます。

 

「まあ他人ってそもそも思い通りにならないものだから、やってくれないこともあるよね。そんなもんよね」

 

 

と認知を柔軟に変える。

 

他人は自分の思い通りには決してなりません。

 

自分がしてほしいことをいつもしてくれるわけではありません。

 

それが当たり前なのだ、そういうものなのだ、ということを受け入れること。

 

そう認知を柔軟に変化させていくことによって、感情が楽になり、

 

状態が下がらなくなってきます。

 

お願いする、やってほしいと頼む、依頼する。

 

そういうことも人生においては大事なことです。普通にそういうことってありますよね。

 

その場合、期待していることになるわけです。

 

期待して、お願いする。これは普通にあります。

 

全然OKです。

 

ただ、もしもそれが実行されなかったとき、そのお願いが満たされなかったときは、

 

柔軟に認知を整える。

 

そのままの反応でいけば「相手がやってくれなかったせいで私の状態が下がった」となるわけですが、

 

その状態でコミュニケーションすれば、まあ関係は悪化するでしょう。笑

 

そうではなく、自分の期待からネガティブ感情が生まれたことに気づき、

 

そして他者をコントロールすることはできないことにも気づく。

 

そして、自分の期待や認知を柔軟に変化させる。

 

その力があれば、適切にお願いをすることもできるし、他者と協力関係も築けるし、

 

それでいて余計な感情低下もない、機嫌の良い状態でいられるようになります。

 

自分の認知における「柔軟性」をぜひ意識してみてくださいね^^

 

 

 

 

本格的な内容、メルマガでもどんどん配信していくので興味ある方はどうぞ。

 

池田潤の無料メルマガを購読する。

 

 

LINE@でも最新情報、LINE限定コンテンツを随時配信中です。

友だち追加

 

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeもやっています。

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49