やる気がマジで出ないときの具体策【10年個人で働く男が解説】

shutterstock_635576849

 

僕はずっと自分で仕事をしてきたのですが、仕事においてやはり重要なのが「意欲」です。

 

意欲が長期的に継続するかどうか。

 

日々の行動を取ることができるかどうか。それがベースになっていて、もし意欲が湧かない、やる気が出ない、ということになると、一向に仕事が進みません。

 

そして、進まなくても誰も何も言ってくれません。

 

誰にも注意されず、誰にも指摘されず、完全に自分自身で自分を管理する必要があるという環境で生きてきました。

その中で、やる気に関して見えてきた部分がかなりあるので、今回はそのあたりについて書いていきたいと思います。

 

【この記事を書いている人→池田潤 コーチ・メンタルトレーナー。20代で6万5千部のベストセラー含む5冊の本を出版(自分の武器を見つける技術、無愛想のススメなど)。900名以上が参加した心を鍛え整えるジム「イケジム」を運営。コーチ・トレーナーとして心の状態&パフォーマンスを最大化するサービスを提供。京大法学部合格後、ブログを書き始め今に至る。趣味は、筋トレやボドゲ、読書。毎朝起きてカフェに行くのが日課】

やる気が出る2つのアプローチ


shutterstock_1415524886
 

 

やる気を上げるには主に2つのアプローチがあります。

 

・未来への臨場感を高める
・今を充実させる

 

この2つです。

 

この2つが満たされたとき、やる気は湧いてきます。

(もちろん心身の状態も影響しているのですが、今回はそこが大前提ということで、心身の状態が整っているという前提で書いていきます)

 

まず、【未来への臨場感を高める】ですが、例えば僕は基本的に運営しているイケジムを『世界最高峰』にすると決めています。

 

その理想が頭にあって、その理想に近づき続けるためのエネルギーが日々常にある状態です。

 

未来に対する臨場感が強いと、その未来に行きたいと感じるので、行動が「やりたいこと」になっていくんですね。

 

具体的には、僕の場合は、日々かなりの分量の研究資料に目を通しているのですが、そういう行動が自然に起こります。

 

これは意欲の高い状態ですよね。

 

なのでまず、自分の願望に対する臨場感を高めることが大事なポイントになります。

 

願望や未来に対する臨場感が低いと、なかなかエネルギーが湧いてきません。

 

ただ、未来への臨場感があったとしても、現実とのギャップがあまりにも大きくて、

日々やっていることが小さく感じてメンタルがギャフンしてしまうことがあります。

 

メンタルギャフン状態になると、やる気は出ません。

 

「こんなことして何になるんだろう…」

「意味があるんだろうか…」

 

という思いに囚われてしまうんですね。

 

例えば、情報発信をしていて、全然反応が得られないときなんかはその典型的な状況です。

 

理想の未来では、多くの人に認知され、仕事もうまくいっているはずなのに、現実はそうなっていない。

 

現実は全然そうなっていないから、未来への臨場感もことあるごとに薄れてしまって、やる気が安定しない。

 

理想の未来が現状とかけ離れていることは全く問題ではなく良いことなのですが、

かけ離れていることによって現実的な行動に対する意欲が湧かないのは問題です。

 

では、そのような状態のとき、どうすればいいのか?

 

それが、

 

今を充実させる

 

という方法です。

 

先ほど書いた、僕自身の読書や研究資料の読み込みについて考えてみましょう。

 

僕はイケジムを世界最高峰にすると決めていて、その理想に対する臨場感が非常に高いわけですが、

同時に、日々読書する中で小さな気づきや成長を感じることに楽しさを見出しています。

 

つまり、【未来への臨場感というエネルギー】と【今が充実している】という2つのエネルギーが同時に存在しているのです。

 

情報発信で言うなら、自分の明るい未来に臨場感を感じている状態で、

ある特定の1人のために文章を書くのはどうでしょうか。

 

不特定多数に向けて書くのではなく、イメージができるあの人に向けて書く。

 

読んでくれた1人の人生が少しでも良くなってくれればいいという思いで書く。

 

そうすれば、今この瞬間に充実感ややりがいを感じることができます。

 

今が充実するわけです。

 

あまりにも現状と未来のギャップが大きいとき、現状の足りていないところにばかり意識が向き、

結果、「こんなことしていて何になるんだろう…」と感じる。

 

そういうときこそ、

 

今を充実させることを考えてみる。

 

例えば、ゲームを考えても分かりやすいと思うのですが、

 

自分にとってほんの少し強い敵に挑むときが最も面白いもの。

 

強すぎる敵に挑むのは「どうせ無理だよ…」と感じてしまうので、マジつまらないです。

 

それと同じことが仕事など様々な場面で起こるもので、

 

今の自分にとってあまりにもハードルが高いことをやろうとしているから、やる気が下がっている可能性があります。

 

未来に意識があるのは良いことなのですが、それによって取り組みのハードルを上げすぎて、

 

レベル10の主人公がレベル50の敵に挑むようなことが起こると、やる気は上がらない。

 

なのでぜひ、

 

・未来への臨場感を高める
・今を充実させる

 

という2つの方法を試してみてほしいと思います。

 

 

僕の発信のメインはメルマガで、メルマガの方でより本格的な内容を発信しています。無料なので、興味ある方はぜひ読んでみてください。いつでも解除できます。

池田潤の無料メルマガを購読する。

スクリーンショット 2021-09-18 8.15.20

 

 

LINE@でも最新情報、LINE限定コンテンツを随時配信中です。

友だち追加

 

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeもやっています。

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49