心に安定感を生み出す最強のメンタルトレーニングはこれだ!

shutterstock_1319982029

 

先日、こんなツイートをしました。

 

 

途中経過だと考えられる

プロセスチーズだと考える

 

これ、本当に重要。

 

例えば、人生を生きていると何かを失うことだってあるわけだけど、

 

ある意味、失うということは新しいものが入ってくる、ということでもある。

 

新しいものが入ってくる準備が整ったから失っているわけで、

 

失うことは悲しみだけじゃないわけだよね。

 

ただ、もちろん、失った失ったと牛のように嘆いていると…悲しい現実は長引いてしまう可能性が高い。

 

もちろん、気持ちは分かる。

 

落ち込んでもいいし、沈んでもいい。

 

ただ、

 

これはもしかして、新しいものがやってくる前兆か?

 

 

と、ほんのちょびっとだけ考える。

 

それだけで気持ちは明るくなるはずだ。

 

基本的に『未来良くなる』と思えたらその瞬間から人の気持ちは明るくなる。

 

経済の景気だって、みんなが「これから良くなる」っていう気分になったら良くなるって聞いたぞ。

 

どっかのインテリ博士が言ってたぞ。

 

多分。

 

だから、【未来良くなることにする力】はメントレの基礎トレーニングの一つに入っている。

 

で、途中経過だと考えるということは、

 

その中に「未来良くなる」が包括されている。

 

途中経過だと考えるだけで、未来良くなる前提で考えていることになっている

 

わけなんだ。

 

なので、

 

「これは、プロセスチーズだ」

 

 

と、とりあえず言ってみよう。

 

そう。

 

巷で噂の、プロセスチーズトレーニングだ。

 

途中経過、プロセスだと考えることで、未来良くなるという意識にアクセスし、心の状態を保つ。

 

サングラストレーニングに匹敵するくらい重要なトレーニングになるので、ぜひ押さえておいてほしい。

 

 

「潤さん、チーズという言葉は語尾に必要なんですか?」

 

 

という質問は、受け付けない。

 

自分の頭で考えるんだ。

 

考えれば分かるはずだ。

 

全くもって、不要だということに。

 

 

チーズは関係ない。

 

ノリでつけただけだ。

 

チーズなどいらん。

 

関係ない。

 

抜くんだ。

 

さっさと。

 

 

だけど、だけどだ。

 

 

プロセストレーニングでは、つまらんやろう。

 

インパクトないやろう。

 

普通すぎるやろう。

 

覚えれんやろう。

 

だから、プロセスチーズトレーニング、なんだ。

 

だけど、チーズに意味はない。

 

そういうことだ。

 

深い。(←そうでもない)

 

 

プロセスチーズだと考える力がつけば、自分の気分も良くなるし、

 

うまくいかないなあと嘆く友がいたならば、落ち込む友の肩にそっと手を置き、優しいまなざしで見つめ、

 

「大丈夫。これも、プロセスチーズだからさ」

shutterstock_740834449

 

と語りかけてあげればいい。

 

このトレーニングを積むだけで、

 

自分も友人も励ませ、

 

「君がいるだけで元気になるよ。だけど、チーズの意味は分からない」

 

と言われる自分になっていけるから。

 

 

 

 

より深い内容はメルマガで書いてます。

 

池田潤メルマガを購読する。

 

 

LINE@でも随時配信しています。

友達追加後、限定音声トレーニング「メンタルを強くする簡単な方法」をプレゼント中。

友だち追加

 

 

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeでもメントレ動画を配信しています。「簡単にできるセルフイメージの高め方」

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49