【他人の評価が気になる】を攻略するメンタルトレーニング。

shutterstock_1131325901

 

 

さて今回は、他人の評価が気になるときの対処法、メンタルトレーニングについて書いていきたいと思います。

 

基本的に他人の目、評価が気になるのは誰もが同じで、

他人が自分をどう見ているのかに意識が向くことは普通のこと。

 

人と一緒に生きていれば、その視点もすごく大事なものだから。

 

なので、他人の評価が気になるのは普通のことである、というのがスタート地点です。

 

ただ、それが過剰になってしまったり、

気になった結果として自分の選択に影響が出すぎてしまう、

本当にやりたいことができない、

我慢して自分の気持ちを押し殺すようになってしまう、

 

など、他人の目を気にすることによって自分を押さえつけてしまうところまで行ってしまうと、人生に悪影響が出てくる。

 

実は、他人の目が気になることそれ自体が問題というよりも、気にした結果として【自分らしく生きることができない】ことが苦しい。

気にした結果として【自信を失ってしまう】ことが苦しい。

 

結局、根本は、自己否定が苦しさの原因なんだね。

 

ここはこの後でもう少し詳しく説明しようと思うのだけど、

自己否定的な要素が入ってくると、気分が悪くなり、力を発揮することができなくなり、

自分らしく生きることにハードルを感じるようになり、どんどん苦しくなってくるわけなんだ。

 

他人の目を気にして自分を押し殺す

 

これをやめる必要があって、この記事ではそのために必要なこと、必要なトレーニングについて書いていきたいと思います。

 

他人の評価を気にしないメンタルトレーニング


shutterstock_697636801

 

 

さきほど書いた通り、結局、苦しさの根本にあるのは【自己否定】。

 

自分のしたいことができないこと、思ったことが言えないこと。

 

他人の目をきっかけにして、好きに生きることができないこと、自分の力を発揮できないことで苦しさを感じるわけなんだ。

 

例えば、世の中には他人から否定されているのに、それでも好き勝手に楽しく生きている人っているよね。

 

ああいう人は、他人から言われている言葉を受け取っていないんだ。

 

右から左に受け流していて、他人の言葉よりも、自分がどう考えるかに力を持たせている。

 

実は、他人が自分を傷つけることは本質的にはできない。

 

なのだけど、自分で自分を傷つける、つまり他人の言葉を受け取ることはできて、

そうすると、苦しい気持ちになる。

 

他人の言葉を受け取って【自分の願望は叶わない】【自分には価値がない】と認めてしまうということが「他人の評価が気になって苦しい」「他人の目を気にしてしんどい」の具体的な中身なんだね。

 

 

 

基本的に、人の苦しみは、自分には価値がないと感じること、自分の願望は叶わないと感じること。

 

この2点から生まれる。

 

かなり大まかに言えば、ということになるけど。

 

例えば、本当は文章を書いて生きていきたいと思うけど、家族に「そんなので食っていけるわけないだろう」と怒られ、たいして興味のない道に進んだ。

 

この場合は、「自分の願望は叶わない」ということにおける苦しみ。

 

家族の目を気にする、世間の目を気にする。無理だという他人の声に耳を貸すことによって、【自分の願望は叶わない】というところにアクセスをしたから、苦しい。

 

もしくは、誰かに嫌われてしまったとか、変だと思われたとか、恥ずかしい思いをしたとか、そういう場合は、

 

他人からの「あなたに価値はないよ」というメッセージを受け取り、【自分を価値ない扱いする】から苦しい。

 

ただ、ここで重要なことは、どちらのケースにおいても、一つのステップがあること。

 

他人が何かを言う。他人が自分に何かを思う。

 

それに対して自分がどう思うか?自分がどう考えるか?

 

この「自分はどうするか」というステップがそこにはあるわけなんだ。

 

メンタルトレーニングにおいては、このステップを重視する。

 

このステップは他ならぬ「自分にできること」「自分にコントロール下にあること」だから。

 

自分が自分をどう思うか?自分が自分をどう扱うか?ここをより良いものにしていくことで、

他人の目を気にしないで好きなことができる、やりたいことができる、言いたいことが言える自分になっていくことができる。

 

最終決定権は、自分にある


shutterstock_1142884856

 

 

例えば、イケジュンは元々、京大法学部にいた。

 

普通であれば、法曹の道に進むのが普通で、実際同年代の子たちはその道に進み、弁護士だったり裁判官、もしくは国家公務員の人も多い。

 

ただ、今イケジュンは何をしているかいうと、毎朝カフェで文章を書いて生きている。

 

少なくとも自分の知っている同年代の中でそんな風にして生きている人はいない(知らない人の中にはいると思う)。

 

ということは、普通からは離れていくわけで、実際、ここだけの話、京大法学部の教授に呼び出さたことがある。笑。

 

ブログが当時ある程度有名になっていて、それが京大の先生たちにも知られる運びになって、

「こいつは法学の勉強もせずに何をしているんだ」という話になって、「もっと勉学に励みなさい」と深刻に言われたんだよね。笑

 

普通から外れていくということは、そういう風に「周囲の人に止められる」ということを通ることが多い。

 

ただ、ここでも大事だったのは「結局、決めるのは自分」ということ。

 

周囲の人に力を持たせてしまうのも他ならぬ自分であって、持たせないことだってできる。

 

自分が「いや、自分はこう思う」「自分はできると思う」という風に、

自分の意見に力を持たせることができれば、他人の目を気にせずに好きなことができるようになる。

 

大事なのは、周囲の意見を受け取るか受け取らないかの最終決定権は他ならぬ自分にある、ということを見失わないこと。

 

他にも、イケジュンは過去にいじめられたことがあるんだけど、当時というのは最終決定権を他者に委ねていた。

 

自分に価値があるかどうかを決めるのは他人であって、他人が価値がないと認識すれば価値がないことになってしまう。

 

だから、常にビビっている状態だったんだよね。

 

常になぜかビビっているから人から軽く扱われるし、自分の状態も良くないし、という感じだった。

 

その苦しさの源泉はどこにあるかというと、自分に価値があるかどうかの最終決定権を他人に委ねてしまっていることなんだ。

 

他人はコントロールできないし、他人が自分をどう思うかは他人次第だから、そうなるとものすごく不安定な状態になってしまう。

 

大事なのは、自分に価値があると思う最終決定権を自分が持つこと。

 

つまり、他人がどう思ってもそれは他人の問題であって、自分が自分を価値があると思うことは可能であると思い出すこと、その力を身につけていくことなんだ。

 

気にしていない自分として振る舞う


shutterstock_311337860

 

 

実際、そのことに気づいてからは、自分で自分を勝手に価値ある存在と思うようにした。

 

いきなりそう思うのは難しかったしできないことも当然あったけど、価値ある自分として振る舞うようにしたんだよね。

 

「すでに俺は俺の価値を知っているから、別に認められる必要もない」みたいな態度で存在するようになった。

 

そうしたらだんだんと本当に他人がどう思うかが気にならなくなってきたし、どう思われようが最終的に自分で自分を認めることができるという安心感があるから、リラックスもできるようになった。

 

他人がどうするかが自分の人生に影響力を持ちにくくなったことで、自分が自由だと感じられることも増えた。

 

自分で自分を認められるようになると自分が自由になるし、他人を自由にすることもできる。

 

願望実現のケースにおいても、自己価値のケースにおいても、

大事なのは「最終決定権を自分がしっかりと握ること」だ。

 

それができれば、他人の目への意識はありながらも、そこに左右されることなく、自分がしたいことをすることができる。

 

「他人の目を気にしない」状態って、こんな感じ。


shutterstock_185715143

 

 

例えば、あなたがこれから全くの初心者として好きなことを始めるとしよう。

 

初心者ということは、失敗をすることも出てくるし、結果を出すまでには時間もかかる。

 

その時期に他者の目を気にする自分だと、なかなか取り組みを続けられないということも出てくる。

 

実際に他人から何かを言われるということはそこまでないと思うけど、

「他人は今の自分を見てこう思っているんじゃないか」と想像して、その想像上の他人の声で自分を攻撃してしまうわけだね。

 

それが微妙に意欲の低下や自信の低下につながってしまうということはよくある。

 

ただ、ここでも最終決定権は自分にある。

 

自分が「いや、これはただ初心者なだけだ。練習すればできるようになる。自分だけができないなんてことはない」と考えることができれば、

もし仮に他人からの否定があったとしても、そういう状況が来たとしても、自分を守ることができる。

 

気分を下げないでいられる。

 

他人が自分をどう思うかで自分をコントロールされることはないし、最終決定権は自分にあるんだから、自分が決めることだ、と思っていればいい。

 

他人が自分をどう思っているか。

 

その意識は人間であれば働いているから、自分を否定的に見る人がいることも分かっている。

 

分かっているけど、でも、そこに力を持たせない。自分の意見の方に力を持たせる。

 

自分がどう思うかにこそ、一番の力があることを知っていればいい。

 

実際、他人の目を気にしてきた場合、いきなり他人の目が気にならないとか、他人から見た自分という意識がなくなるわけじゃない。

 

今までやってきたことだから、「あ、今自分を否定的に見ているだろうな」「これをすると、不機嫌になるかもな」「この選択は、気に入られないだろうな」ということは分かるわけだよね。

 

「他人がこう思うだろうことがなんとなく想像できること」による抵抗というのはあって、

 

ただ、他者のことを想像できる能力自体をなくすことはできないし、なくす必要もない。

 

大事なのは、想像できながらも、最終決定権を自分が持つこと。

 

例えば、自分の場合も昔いじめられたから、他人が自分にどういう印象を持っているかということは想像しちゃう。

 

なんとなく不機嫌だったりしたら、あれ、自分何かしたっけかなとか考えちゃうことはある。

 

ただ、それがあくまでも自分の想像であること、さらに相手がどう思おうが自分の行動を決める決定権は自分にあることを知っている。

 

だから、他人がどう思っているかを想像しながらも、それでも自分がしたいことをする。

 

結局、他人がどう思うかが全く目に入らなくなってくる、頭に入らなくなってくるということではなくて、

たとえ入ってきたとしても、最終決定として自分が自分をどう思うか、自分が何をするかを自分で決める力が重要である、ということなんだ。

 

例えば、参考としてこの記事もぜひ読んでみてほしい。

 

自信を鍛える具体的な方法。否定・拒否・挫折が気にならなくなるトレーニング。

 

この記事で書いているのは、他人が自分をどう思うかというのは、あくまでも【他人の物の見方】である、ということ。

 

あくまでも他人の物の見方だからコントロールすることはできないし、する必要もない。

 

ただ、自分は自分の意見を見失わないことをすればいいし、

しっかりと「これは他人の物の見方だな」と自覚できていれば、最終決定権を自分が持つということもやりやすくなってくる。

 

他人の目、もしくは他人の目の想像。

 

この2つをきっかけとして、【できないと認めた】、【価値がないと認めた】。

 

「自分が認めた」ことがネガティブな気持ちを感じる原因であることをまずは知ること。

 

逆に言えば、自分が自分を認めていくことができれば、そのネガティブな気持ちは和らげていくことができる。

 

つまり、自分で自分の価値を認める、自分で自分はできると認めるという、自分で自分を認めるトレーニングに取り組んでいけばいい、ということになるんだね。

 

以下の記事にも、自分を認める方法について書いているので、よかったら読んでみてください。

 

 

自分で自分を満たすってどういうこと?ケイスケホンダが体現してみた。

自信を鍛える具体的な方法。否定・拒否・挫折が気にならなくなるトレーニング。

【自分を信じる練習】自分を信じられないを簡単に解決するメンタルトレーニング。

心に安定感を生み出す最強のメンタルトレーニングはこれだ!

 

 

メンタル状態を整え、強くなる具体的な方法についてメルマガで書いています。より深く学びたい、トレーニングしたい方は以下からどうぞ。

 

池田潤メルマガを購読する。

 

 

LINE@でも随時配信していて、友達追加後、限定音声トレーニング「メンタルを強くする簡単な方法」をプレゼントしています。

友だち追加

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeでもメントレ動画を配信しています。「簡単にできるセルフイメージの高め方」

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49