【どう思われるかを考えすぎて自分のパワーを失う】を防ぐトレーニング。

shutterstock_1140623456

 

 

他人がどう思うかに敏感。

 

これ、昔のイケジュンのことなんだけど、そういう場合、「他人が自分を低く評価していることも敏感に感じ取る」もの。

 

なんとなく、この人は自分のことをあまり高くは評価していないだろうな、と感じる。

 

これは、これまでブログに書いてきたような「勘違い」とかそういうことではなくて、一緒にいることで直感的に感じられるもの。

 

分かる人には分かると思う。

 

もちろん勘違いのこともあるんだけど、やはり一緒にいて言葉を交わすことで感じられるものというのはある。

 

自分のことを低く評価するような人とは全く一緒にいないようにする、ということができればいい。

 

できればいいけど、実際問題なかなかそんなことはできなかったりするよね。

 

人は基本的に人との関係の中で生きているから、低く評価されるような場面もときにはやってくる。

 

そのときに、他者がどう思っているかを敏感に感じ取る人は、相手の低い評価を受け取ってしまうことがある。

 

例えば、自分がやっていることがなかなか理解されず、「あ、この人は理解してくれていないな」と感じたときに、その理解していない感覚にアクセスしてしまってなんだかブルーになってしまう。

 

相手の感覚にアクセスしすぎることによって状態が下がることがあるわけなんだ。

 

 

個人的に他者に寄り添いすぎることがあって、自分は別にもう「別に」って感じなのに、

相手の感覚に寄り添いすぎることによって状態を下げ、パワーを失ってしまっていることがあった。

 

このパワーの失いは一体何なんだろうと向き合っていったときに、

ああ、他者を理解しようという気持ちが強すぎるからこそ、自分からパワーを失いに行ってしまっていたんだなと気づいた。

 

自分からパワーを失いに行く。

 

これが、イケジュンのよくあるパターンだったんだね。

 

別に自分は「別に」なのに、「そうなんだね」と言って寄り添うことでボンバーしていたわけだ。

 

一体今何の話をしているのか自分が見失いかけているから話を戻すと、他人の感覚にアクセスしすぎて自分の状態を下げる必要はない、ということ。

 

例えば、自分が取り組んでいることを理解してくれない人がいるとして、

 

昔のイケジュンの場合、他者の立場を理解しようとしすぎるがゆえに自分を犠牲にすることがよくあった。

 

「そうだよね、理解できないよね、わかるよ」と。

 

そうやって理解しない他者を理解しようとした結果、自分が取り組んでいることの価値を見失いそうになっていた。

 

まじボンバーだ。

 

結果、パワーもエネルギーも失ってしまう、ということがあったわけだね。

 

例えるなら、命綱もなしに落とし穴に落ちちゃった人を助けに行くようなもの。

 

「今行くぞ!」って言いながら、「わあー」って言って一緒に落っこちちゃう。笑。

 

大事なのは、ちゃんと命綱を持つこと。

 

つまり、自分の価値、自分のやっていることの価値をしっかりと確固たるものにした上で、落とし穴に入って行けばいい。

 

落とし穴に本当に入れるのは、自分の価値、自分のやっていることの価値を確信している人。

 

もちろん、落とし穴になんて行く必要はない、という考えもある。

 

そういう場合は、命綱はいらない。

 

それは一つの選択で、上で楽しそうにして生きているだけで落とし穴にいる人が「俺も楽しく生きたい」という希望になるから、それだけで素晴らしいことだ。

 

それだけで引っ張り上げることになる。

 

または、

 

落とし穴にいる人の気持ちを分かろうとしないことでも、落とし穴にいる人は傷つくかもしれないけど、自分を落とし穴に落とさないことはできる。

 

他人を理解しようとするけれど自己価値への確信がない場合より、無理に他人を分かろうとしない場合の方が自分のやっていることへの疑いが少なくて済む分、願望実現という観点で言えば、達成できていたりする。

 

理解しない人に対しては「あっそう」と言えばそれで済むからだ。

 

余計な葛藤がないんだね。

 

逆に、命綱なしに理解しようとする場合は、自分がやることへの疑いが強くなる分あれこれ考える時間が長くなり、結局目の前のことをこなせなくなってしまいがち。

 

優しいけれどどこか現実がうまくいかない場合、他人に寄り添おうとしすぎることによって己のパワーを失ってしまっていることがあるわけなんだ。

 

優しいだけでは落とし穴に自分も落っこちてしまって、楽しく生きることは難しい。

 

大事なのは、自分の価値、自分のやっていることの価値を自分が確信すること。

 

他人に理解されない、分かってもらえない。それでも大丈夫という状態を先に作ること。

 

その上で寄り添いたいときに寄り添えばいいわけで、

 

本当に寄り添いたいなら、自分の足場をしっかりと固めておく、命綱をしっかりと握りしめておく必要がある。

 

本当に周囲に愛を示したいなら、一番手っ取り早く本質的な方法は、自分が自分で良い状態で在ること。

 

自分に対する自信を確固たるものにし、自分自身が調和した状態でいる力を磨き上げること。

 

それこそが愛だ。

 

それこそが、例えば、子供のためにできる最高のギフトでもある。

 

子供を愛するなら、物やお金を与えるよりも、自分が最高の状態でいる力を磨き上げる方がいい。

 

それこそが最も子供に愛を示す方法なんだね。

 

ということで、今回言いたいのは、

 

他人の力になる最善の方法は、良い状態でいる力を磨き上げること、だということ。

 

 

他人のことは気にせずにただ自分が良い状態で楽しんで生きているだけで他人のためになるし、

 

もし寄り添いたいときには、引っ張りあげる力をしっかりと持ちながら寄り添うことできる。

 

 

どちらの選択をするにしても、

 

自分を自分で良い状態にできる力こそが、他者の力になる本質なんだね。

 

 

 

今日の19時から【メンタルジム】の再募集を行います。

 

 

こちらも記事もどうぞ。

 

失った自信を取り戻す方法。メンタルトレーナーが教える心の整え方と、トレーニング法。

自分の機嫌を自分で取れると、仕事も恋愛もうまくいく。

恋愛に奥手な男子に、最高の恋人ができるメンタルトレーニング。

自分よりすごい人と比べて落ち込んでツラい…の解決策。

【自分を信じられない】を簡単に解決しちゃおう。自分を信じる練習法。

 

 

メンタルトレーニングについてのさらに本格的な内容は無料メルマガにて発信しています。

 

池田潤のメルマガを購読する。

 

 

LINE@でも最新情報、LINE@限定コンテンツを随時配信中です。

友だち追加

 

noteも書いています。

note版「自分の機嫌を自分で高めるメントレ」

 

YouTubeもやっています。

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49