【本当の自己肯定感の高め方】自己肯定感が下がる原因と上げる方法

shutterstock_547260505

 

この記事では「自己肯定感を高める方法」について書いていきます。

 

自己肯定感には高め方があるのですが、一般的にどこかその方法が曖昧になってしまいがち。

 

実践しても効果を実感できなかったり、本当に効いているのか?と疑問に思ってしまうこともあるのではないかと思います。

 

本質的な方法ではなく表面的な方法になると、取り組んでもなかなか自己肯定感が本当に高まったとは感じにくいもの。

 

この記事では、具体的で、効果のある方法について書いていきます。

 

【記事を書いている人→ 池田潤 コーチ・メンタルトレーナー。20代で6万5千部のベストセラー含む5冊の本を出版(自分の武器を見つける技術、無愛想のススメなど)。900名以上が参加した心を鍛え整えるジム「イケジム」を運営。コーチ・トレーナーとして心の状態&パフォーマンスを最大化するサービスを提供。京大法学部合格後、ブログを書き始め、今に至る。趣味は、筋トレやボドゲ、読書。毎朝起きてカフェに行くのが日課】

 

自己肯定感が高いとは?


shutterstock_1172783347

 

 

自己肯定感とは、あるがままの自分を認められることと表現されます。

 

これは別の言い方をすれば、【無条件で自分を認められる】ということです。

 

こちらの方が理解しやすい方もいるのではないかと思います。

 

つまり、自己肯定感が低いとは、自分を認めるのに『条件』があるということ。

 

例えば、

 

・親から認められたら自分には価値がある
・親が認めた道を選択をしたら自分には価値がある
・周りの人に評価されたら自分には価値がある
・お金をたくさん稼いでいたら自分には価値がある
・他者との比較で自分の方が上であれば自分には価値がある
・能力が高ければ自分には価値がある
・人の役に立つことができたら自分には価値がある
・人に愛されることができたら自分には価値がある

 

といったもの。

 

これらは全て『条件』です。

 

何らかの条件を満たしたとき初めて、自分を認められる。

 

この条件の数が多かったり、思い込みが深いとき、自己肯定感が低い感覚が生まれます。

 

上記のように自分を認めるために条件があると、その条件を満たせないときにダメージを受けます。

 

また、条件を満たせないことへの恐れも生まれます。

 

結果、条件を満たせないのではないかと不安になりやすい、条件を満たせなかったときの落ち込みが強い、ということが起こるわけです。

 

例えば、他者との人間関係において、

 

・相手にどう思われるか気になり不安になる

・沈黙が怖いので、頑張りすぎてしまう

・どう思われるか気にして頑張りすぎるので、家に帰ったらどっと疲れている

・自然体でいられず、他者との間に壁を作ってしまう

・会話が盛り上がらないな、気まずいなと感じることが多くなる

・家に帰ってからあれこれ反省会をしてしまう(どう思われたかが気になるから)

 

といったことが起こります。

 

それはなぜかというと、他者から認められたりとき初めて自分には価値がある、と思えるからです。

 

そこが重要になりすぎてしまっているがゆえに、気になり過ぎて様々なネガティブな感情が生まれることになります。

 

今は人間関係について書きましたが、人によって条件の内容は違います。

 

条件は過去の経験から生まれるもので、親との関係で生まれる人もいますし、学校生活で生まれる人もいます。

 

経験によって僕らは何かを学び、それが条件となっていくことがあるわけです。

 

ただ、そこで過去を深くひたすら掘り下げていく必要があるかというと、実はそんなことはありません。

 

過去の経験がきっかけと気づくことは有効ですが、結局大事なのは、

 

・今どんな感情を感じているのか
・今どんな思い込みを持っているのか
・今どんな条件があるのか
・今現場でどんなことが起こっているか

 

を知ることであり、【今どうであるか】です。

 

過去を掘り下げていくのは終わりがないと感じることも多く、考えれば考えるほどネガティブになったり、

結局、【今】の心の状態はあまり変わっていないな、、、と感じることがあります。

 

例えば、スマホが壊れたとします。

 

そのとき、スマホが壊れた原因を深く掘り下げていくかというと、そこにそこまでの意味はないですよね。

 

落としたのかもしれないし、水没したのかもしれないし、経年劣化かもしれません。

 

本当の原因が何であれ、大事なのは、

 

今どこがどういう風に壊れているかを明確にして、今どういう対処をするか、です。

 

今正確な対処をすることこそが解決につながります。

 

ただ、心理の世界では過去にあまりにもスポットライトを当て過ぎてしまうことがあり、

 

「原因はわかったけどこれから何をすればいいかが分からない」

 

という状況がよくあります。

 

そうではなく、これから具体的に何をするか?が明確になっていけば、

自己肯定感は実際に高めることができるようになります。

 

条件付けということに関して言えば、大事なのは、

 

ネガティブ感情を感じたときに「どんな条件があるか?」に気づいていく

 

ことです。

 

例えば、

 

人間関係でネガティブな感情になったとします。

 

ネガティブな感情を感じたときは自己肯定感を高めるチャンスです。

 

仮に【不安】を感じたとして、その不安はどんな条件から来ているのか?と自分に問いかけます。

 

「あの人にどう思われるか?が気になり、嫌われたかもしれないと考えることでネガティブな感情を感じている」

 

 

と気づくことができれば、

 

他者に好かれることができれば自分には価値があると思える

 

という風に「他者に好かれること」「他者に認められること」という条件があることに気づけます。

 

(こういう風に、ネガティブ感情の真の原因である『条件』に気づくことが大切です)

 

しかし、それは真実ではなく、他者に好かれなくてもそもそも価値があるし、無条件に自分のことを認めていいんだというところに立ち返ります。

 

そして、

 

他者に認められなくても、好かれなくてもいいとすれば、何をするか?何をしないか?

 

を考えます。

 

すると、

 

・無理して頑張らないだろうな

・無理に愛想笑いはしないだろう

・自然体で、普通で、そのままで会話するだろう

・断りたいときは断るし、行きたいときは行く。という風にもっと自分を大事にしているだろう

・必要以上に緊張することなく、もっと気楽な感覚になっているだろう

・相手の問題と自分の問題を分けて考えるだろう

・相手の思考についてとやかく考えず、今日の晩ご飯について呑気に考えるだろう

 

といった新しいアイデアが出てきます。

 

あとは、小さなところから、できるところからそのアイデアを実行していく。

 

すると、脳の神経回路が少しずつ発達してきて、自己肯定感の高い感覚がだんだんと生まれてくるのです。

 

ここは【トレーニング】の領域になってきます。

 

少しずつ実践して、脳の神経を鍛え上げていくのです。

 

ほとんどの場合、ここに取り組まれていないケースが多く、過去を掘り下げただけで終わりになってしまっているのです。

 

しかし、過去を掘り下げたからといって、脳の神経回路は変わっていません。

 

その状態は、知識はあるけど感情がまだついてきていないという状態。

 

そこから少しずつ新しい意識や捉え方、行動を取っていくことで本物の自己肯定感は培われていきます。

 

その繰り返しのトレーニングを積んでいくと、ビックリするほど自己肯定感は上がっていくので、

これからの未来にワクワクしてほしいと思います。

 

メンタルは鍛えればどんどん向上していくので、言ってしまえば、【取り組んだ者勝ち】の世界なんですよね。

 

 

自己肯定感を高めるトレーニングを体験してみたい方は、下記から体験トレーニングを受講可能です。

 

体験トレーニング受講はこちらから

 

 

これまで1万人以上が購読してくれたメルマガの方で、より詳しい内容について発信しています。無料なので、興味ある方はぜひ読んでみてください。いつでも解除できます。

池田潤の無料メルマガを購読する。

スクリーンショット 2021-09-18 8.15.20

 

 

LINE@でも最新情報、LINE限定コンテンツを随時配信中です。

友だち追加

 

 

noteも書いています。

 

:note文章版メンタルトレーニング「自信を鍛えるメントレ」

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeもやっています。

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49