うまくいかなくて落ち込んだときの、超シンプル立ち直り法。

shutterstock_730532911

 

 

何かがうまくいかなくて落ち込んだ時。

 

少し考えてみると良いのは、

 

・「それ」のことを自分はどれだけ勉強しただろうか?

 

・もし勉強したのだとしたら、その方法はどうだっただろう?量はどうだろう?

 

・「それ」を自分はどれだけ練習しただろうか?

 

ということです。

 

すごく現実的な話で、あまりこの解決法は人気がなさそうです。笑

 

解決策というのは、ズバン!と、ズキュン!と、

 

「ああ、今まで気づかなかった!」ものが人気があります。

 

ただ、自分にとって必要なこと、本当の解決策かどうかはズキュン!だけでは判断できないんですよね。

 

実際、単純に知識不足だとうまくいかないことが増えるものです。

 

何となく感覚でできそうなこと、

 

見様見真似で出来そうに見えることって世の中には結構あります。

 

でも、実際にやってみると、しっかりした勉強が必要なことが分かったりする。

 

ただ、そこで「ああ、勉強が必要なんだな」という風に考えるられる人って実は少なくて。

 

どう考えてしまうかというと、

 

「自分はできない」

「自分がダメなんだ」

「自分は向いていないんだ」

 

です。

 

上記のような考え方を固定マインド、硬直マインドと呼ぶのですが、

 

できない、ダメ、という方向でどうしても考えてしまう。

 

すると、状態が下がり、もうそれ以上状態が下がるのは嫌なので、

 

それを「回避」するようになります。

 

回避すると、練習もできず技術を伸ばす機会もないので、本当にできないようになってしまう。

 

人生の中でまた「それ」に出会うと、

 

「自分はできないです!」という風にやる前から判断するようになってしまうんですね。

 

そういう場合、実はシンプルに「勉強すれば解決できること」は非常に多いです。

 

勉強って面倒だと感じやすいので、この解決策は人気がないでしょう。

 

 

もちろん「普通に勉強する」ということが解決策ではないケースもあり、

ケースバイケースではあるのですが、

それが解決策であるケースも意外に多いのです。

 

「勉強すれば解決する」と考えられれば、

 

自分を責めたり否定したりしないので、状態も下がりません。

 

ただ勉強するかしないかだけのことなので、

 

「自分がどうこう」というところに意識が向かないからです。

 

状態が下がらないから、回避ではなく接近、

 

つまり「もう一回やってみる」こともできる。

 

すると、練習量が増えるわけなので、できるようになります。

 

状態が下がらず、できるようにもなる。

 

それが「シンプルに勉強する」という解決策です。

 

うまくいかないことがあったときは、一度、

 

自分はどれだけ「それ」を勉強したか?

 

を見直してみると良いかもしれません。

 

 
 

 

より深い内容はメルマガで書いています。

 

池田潤無料メルマガを購読する。

 

 

noteも書いています。

 

note版【自分だけの「やりたいこと」を明確にするメントレ 】

 

 

LINE@も配信中です。友達追加後、メンタルが強くなる特別音声が届きます。

友だち追加

 

スクリーンショット 2018-08-24 10.04.40

 

YouTubeでもメントレ動画を配信しています。「簡単にできるセルフイメージの高め方」

 

本も出版しています。

こちら韓国でも出版されました。

「無愛想のススメ〜人間関係が劇的に改善する唯一の方法〜(光文社)」 発売4日で増刷!

15050086_1234694976587033_1261546830_n

 

『自分の武器を見つける技術』発売1週間で増刷!

スクリーンショット 2015-11-24 22.06.49